【悲報】Switchに「素材集そのまま」のゲームが発売されて炎上。eショップに迫る低品質ゲームの魔の手

ゲーム
images



1: 名無しさん : 2020/05/13(水) 19:49:52.97 ID:1LGQWR4w0
Nintendo Switchに「ネットで売られる素材集そのまま」のゲームが発売され批判集まる。eショップに迫る“低品質ゲームの魔の手”

欧米のニンテンドーeショップにて、アセットストアで販売されている「素材集」をそのまま使ったゲームが発売されており、批判が集まっている。
今月5月7日にNintendo Switchでリリースされた『The Bullet: Time of Revenge』は、ポーランドのパブリッシャーArt Games Studioが販売する作品。
ぱっと見る感じでは、ローポリスタイルのシンプルなシューター。ゴア表現も多くESRBでも「M(17歳以上対象)」レーティングと対象年齢が高めだ。
それほど問題があるゲームには見えないが、このゲーム実はUnityアセットストアで販売されているアセット“そのまま”なのだという。
物申し系YouTuberであるJim Sterling氏が指摘し、注目が集まっている。

『The Bullet: Time of Revenge』は、結論からいうとUnityアセットストアで販売されている「Hammer 2」をそのまま使った作品である。
Full Game Kitとして販売されている「Hammer 2」には、スクリプトや素材が備わっており、ゲームそのものが詰まっているわけだ。
「Hammer 2」については、フリーゲームを制作し、時にそのアセットを販売するXformGamesが手がけており、
ストアレビューは星4と安定した評価を獲得している。
この49.99ドルで発売されている素材集「Hammer 2」を、そのままNintendo Switch向けに移植し、4.99ドルという値札をつけたのが『The Bullet: Time of Revenge』である。
なお、「Hammer 2」はXformGamesや関連のFlashサイトにてブラウザで無料プレイ可能だ。

アセット「Hammer 2」をそのまま使用することについては、Unityのアセットストア上の規約として問題がない。
利用規約ページにもそうした記載が確認でき、素材販売主であるXformGamesも商用利用は禁じていない。
しかしながら『The Bullet: Time of Revenge』の発売においては、Art Games Studioだけではなく、任天堂にも批判の矛先が向けられている。

ソース
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200512-123961/

続きを読む Source: ゲーム感想

コメント